健康的でイキイキとした髪を育てるために・・・

 

薄毛や抜け毛などの髪のお悩みのほとんどは男性ばかりと思いがちですが、実は、最近、髪のトラブルに悩む女性が増えています。

日本国内で髪に悩む男性は、1200万人以上と言われていますが、女性も600万人以上と言われ、禿げるのは男性だけと言う社会通念はもうありません。

それだけ髪に悩む女性が増えている原因に、女性の社会進出が多くなり、仕事のことや人間関係のストレスが溜まり、さらに、忙しいために時間的な余裕がなくなり、睡眠不足が続いたり、不規則な食スタイルのために栄養が偏ったり、不足したりとしたことなどが大きな要因として挙げられます。

ですので、女性の薄毛や抜け毛を改善するには、まずは、今までの生活習慣を見直して、6時間以上の十分な睡眠を取る、栄養バランスの良い食事を摂るなどして規則正しい生活を送り、ストレスも溜めないようにしなければなりません。

男性の脱毛症は、AGAと言われる男性型脱毛症がほとんどで、この症状は男性ホルンモンが影響し、遺伝的な要因が深く関わっています。

それに対して女性の脱毛症は、普段の生活習慣が大きく影響しており、逆に、規則正しい生活習慣を送っていれば、改善効果も高く、実際に男性よりも比較的に改善しやすいと言われています。

そして、薄毛や抜け毛を予防、改善するヘアケアとしては、健康的でイキイキとした髪が育つための頭皮環境を整えるということが大切です。

髪を植物に例えると、元気で綺麗な花が咲く植物は、肥沃な土壌が必要ですが、髪も元気に育つには、栄養たっぷりの頭皮環境が必要です。

血行が良く、髪を作る毛母細胞や毛乳頭に必要な栄養素や酸素がしっかりと行き渡る頭皮環境が必要というわけです。

また、頭皮を清潔に保つことも大切です。

余分な皮脂が残っていたり、汚れが付着していると、毛穴を塞いで抜け毛の原因を作ることになってしまいます。

このようなイキイキとした髪が育つ頭皮環境を保つには、毎日の洗髪が重要なポイントになりますが、洗髪に使うシャンプー剤、さらに、育毛に使う育毛剤などにも注意が必要です。

せっかく、毎日、正しい洗髪法で丁寧に頭皮をケアし、マッサージなどをして育毛効果を上げようとしても、頭皮を強く刺激してダメージを与え、薄毛や抜け毛を引き起こすような要因を作る成分が、シャンプー剤や育毛剤に含まれていては、何の意味もありません。

普段使用しているシャンプー剤や育毛剤に含まれている成分をチェックすることも必要です。

 

しつこくいて厄介な大人ニキビの改善法は・・・

10歳代の若いうちにできる思春期ニキビは、「若さの証明」「青春のシンボル」などと言われていますが、20歳を過ぎてからもニキビはできます。

思春期ニキビは、成長期における男性ホルモンの分泌が、ある程度落ち着けば、自然と改善されますが、20歳を過ぎてからできる大人ニキビは、思春期ニキビとは違い原因はさまざまで、治療も簡単ではありません。

なんとか一つのニキビが治ったと思っても、また直ぐに同じ場所に繰り返して発生するという、とてもしつこくて厄介で跡も残りやすいニキビです。

そんな大人ニキビが発生する大きな原因は、睡眠不足や不規則な睡眠、無理な食事制限による栄養の不足や偏り、人間関係や仕事によるストレスなど、日常の生活習慣が体の内側から深く関係し、ホルモンバランスが乱れることでニキビができ始めます。

さらに、クレンジングや洗顔などの間違ったスキンケアから肌が乾燥状態になり、角質がゴワゴワに厚くなって毛穴を塞ぎやすくなったり、紫外線なども要因として挙げられますが、さまざまなことが絡み合って発生し、どれか一つを特定することはできません。

一般的に、オイリー肌の人はニキビができやすいと言われています。

確かに、思春期ニキビはオイリー肌の人に多いようですが、大人ニキビは、オイリー肌や乾燥肌など、さまざまな肌質にできます。

ですが、あまりにも極端なオイリーな化粧品は控えるようにしましょう。

大人ニキビの改善には、正しい洗顔法で清潔な状態の肌を保ち、洗顔後は、しっかりと保湿するという基本的なスキンケアが大切ですが、このようなスキンケアに加え、薬局などで市販されている塗り薬を使用しても、なかなか改善できないというケースが少なくありません。

このような外的なケアよりも、十分な睡眠と栄誉バランスの良い食事を規則正しく取るなどの体の内側からのケアのほうが重要です。

それでも、なかなか改善できない場合は、皮膚科に診てもらいましょう。

自己判断で治療して、反対に悪化させてしまうこともあるので、医師の診断により、確実に治すことをオススメします。

 

 

手軽なトレーニングを継続してダイエットを成功させましょう!

体重を減らそうと思ってダイエットを始めても、なかなか続けることができずに、途中で挫折してしまう方は多いと思います。

そんな方は、ダイエットに成功した方の方法やコツなどを聞いてみるのが良いでしょう。

インターネットの噂などは信じられないという方も多いと思うので、可能ならば自分の身の回りの方の体験を直接聞いてみることをオススメします。

また、成功の体験談を聞くことでやる気もアップします。

このように、ダイエットを成功させるには、“いかに継続できるか・・・”が、重要なポイントになります。

現在、最も効果的と言われているダイエット法は、まず最初に、筋力トレーニングで筋肉を鍛えて筋肉量をアップすることです。

筋肉量をアップすれば、基礎代謝量が高まります。

基礎代謝量とは、人が生きて行く上で最低限必要なエネルギーで、寝ているときやじっとして座っているときでも常に消費され、1日の総消費量の半分以上を占めています。

この基礎代謝量は、体の中では筋肉の部分で最も多く消費されるので、筋肉量をアップすれば基礎代謝量が高まり、さらに、1日あたりの総消費エネルギーが増えて、痩せやすい体になります。

ようするに、痩せるための基本は、1日あたりの総消費エネルギーが総摂取エネルギーを上回る生活を送ることですので、基礎代謝量が高くなれば自然と痩せる生活が送れるというわけです。

ダイエットのお助けMAN 痩せるんジャー!

しかし、多くの方が、痩せるための運動は、長時間のランニングや激しい運動が必要と思い込んでいます。

確かに、できるだけ長い時間、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をするほど体脂肪の燃焼は増えて行きます。

ですが、毎日、30~60分もの長時間、運動できる方は限られており、多くの方が、このような運動を始めても、時間的な問題や体力的なことから継続することができません。

それよりも、自分の体力に合った簡単なトレーニングで筋肉を鍛えることを考えれば、無理なく継続できます。

どうしても、女性は筋力トレーニングと聞くと、重いダンベルを持ち上げたりで激しいイメージがありますが、筋肉を鍛えるトレーニングには、自宅で手軽に行えて、たった10分くらいでも有効なエクササイズがたくさんあります。

また、スポーツジムなどに通って、特別なマシンを使わなくてもいいわけです。

インターネットや雑誌などで調べれば、数多くのエクササイズが紹介されていますので、ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

このように、自分の体力と時間的にも余裕を持って行える方法で、長く継続することがダイエットの成功につながります。

 

 

適切なスキンケアで美肌を維持!

日々のスキンケアに忘れないでほしいことは「ジャストな量」であること。

まさしく今のお肌のコンディションを考慮して、「必要な成分を多すぎず少なすぎず」といった、適切な寝る前のスキンケアをするということがとても大切です。

今はないシミやしわも遠くない将来に顕在化します。

こういった理由から、今から対策をして完治を目指すべきです。

高品質な化粧品なら、5年後も赤ちゃんのような肌で毎日生活できます。

睡眠時間が足りないことやストレス社会も、顔の皮膚を防御する作用を弱体化させるので、かさついた肌を作り悪化させますが、毎夜のスキンケアや生活内容を変えることで、弱りやすい敏感肌は見違えるようになっていきます。

常に筋肉を動かしていないと、体の代謝が活性化しません。

体の代謝機能が不活状態に陥ると、病気とかあらゆる問題の要素なるはずですが、酷いニキビ・肌荒れもそれだと考えられます。

毎日のスキンケアの締めとして、油分の膜を生成しないと皮膚乾燥の誘因になります。

皮膚を柔軟にコントロールするのは油分だから、化粧水・美容液のみの使用ではやわらかい皮膚はつくることができません。

乾燥肌問題を解決するために良いと言われているのが、寝る前までの水分補給です。

正しく言うと、お風呂あがりがあまり知られていませんが、肌がドライになると伝えられているみたいです。

隠しきれないしわを作ると考えられる紫外線は、皮膚にできたシミやそばかすの最大の問題点となる美容の敵とも言える存在なのです。

比較的若い頃の日焼けが、30歳を迎えるあたりから罰として表れてきます。

シミは日頃耳にするメラニンと言われる色素が体中に入ってくることで生じてくる、黒い円状のことなのです。

どうにかしたいシミの原因やその色の濃さによって、諸々のパターンがあります。

水分を肌に浸透させる力が良いと聞いている化粧水で減っている肌に必要な水分を与えると、新陳代謝がスムーズに増えます。

しつこい顔のニキビが成長傾向にならないで済むための方法です。

乳液を塗布したりすることは停止すべきです。

顔の美白を実現するには、シミやくしみに至るまで気を付けないと綺麗になりません。

従って細胞のメラニンというものを排して、皮膚の健康を調整させる高品質なコスメが求められます。

美白のためのコスメは、メラニンが入ってくることで発生する今までにできたシミ、ニキビ痕や目立っているシミ、肝斑にも対応可能です。

美容外科のレーザーは、肌が変化することで、硬化したシミにも有効です。

できてしまったニキビに悪影響を及ぼす治療を実行しないことと、肌の乾きを止めていくことが、輝きある素肌への絶対条件ですが、見た目が簡単そうでも複雑であるのが、顔が乾燥することを防止することです。

皮膚をこするくらいの日々の洗顔は、肌が硬くなりくすみを作るファクターになってしまいます。

手拭いで顔の水分を取るケースでも肌に軽く吸い取らせるような感じで問題なくタオルで拭けるはずです。

個人差に強く左右されますが、美肌に悪影響なものは、一般的には「日焼け肌」と「シミ」があり得ます。

美白に近づけるには、くすみを増やす元を解決していくことだと言っていいでしょう。

肌のお悩み研究室